頭皮 かさぶた

頭皮かさぶた カビ

頭皮かさぶたが出来、かゆみを伴う場合には、脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)という可能性が高いようです。

 

脂漏性皮膚炎の原因はストレスや生活習慣など、複数の要因が重なり合ったりして起こることもありますが、脂漏性皮膚炎になる原因のひとつとして、マラセチア菌というのがあります。

このマラセチア菌は脂が好きなカビ(真菌)です。

脂漏性皮膚炎は、この真菌、つまりカビが頭皮の皮脂を分解したことによる刺激などが引き起こす湿疹だと考えられています。

皮脂を食べる、ということは、その対象となる脂分を減らすことが大切となります。

適切な治療とともに、食生活、生活習慣を改善することも重要となりますね。

また、脂漏性湿疹の原因がマラセチア菌である場合には色々と調べたところ、カビ(フケ原因菌)の増殖を抑え、フケ・かゆみを防ぐという持田製薬のコラージュフルフルシャンプーがオススメです。

⇒ 持田製薬 コラージュフルフルシャンプー

 

ただし、コラージュフルフルシャンプーは脂漏性湿疹の原因がアレルギー性のものなどであると、効果は期待できないようです。

頭皮のかゆみ、かさぶたの原因としてカビではないか?と思ったときには皮膚科で調べてもらってください。

カビ(真菌)がいるかどうかを検査してくれるはずです。

頭皮かさぶたが気になる時の掻き方

頭皮かさぶた、痒いんです。

人間、痛いのは結構我慢できますが、かゆみって我慢できないですよね!

キーーーッとなります。

そこで、かさぶたが気になりつつも、頭皮をかいてしまいます。我慢できませんから。

しかし、その時、かさぶたが剥けないように注意が必要です。

爪を立てたりしてしまって頭皮かさぶたが取れてしまうと、再び頭皮を痛めてしまいます。

治りかけの時にはかなりの痒みを伴いますから、ここをいかにやり過ごすかがとても重要です。

 

頭皮かさぶたを引っ掛けないよう頭をかきましょう。

爪を短くして、指のお腹で軽くたたくようにすると、かゆみが和らぎます。

ポンポン、と叩いてあげてください。

それでも痒みが治まらない時には、ハンカチ、またはタオルなどで指を包み、それで頭皮をかくと傷つける可能性が格段に下がります。

脂漏性湿疹の原因となるのは、字のごとく脂。

皮脂なんですね。

適切な治療、対策をしていくとともに、それまでの生活習慣や頭皮の皮脂が過剰に出ないように対策、シャンプーを変えてみる、すすぎの時間をしっかりと取る、睡眠不足を解消する、辛いものをあまり食べないようにする、などが必要です。